中綴じ印刷の魅力

様々なデザインを考えてくれますよ。印刷なら神奈川の会社を利用するのはどうですか?様々な提案をしてくれるでしょう。

私達の周りには様々な文集や本や雑誌があります。
この印刷物には様々な製本形態が存在します。
製本形態でも綴じるために部品を必要としない無線綴じ印刷はとても綺麗な製本方法です。
しかしこの無線綴じ印刷はある程度のページ数がなければ行うことはできず、それだけではなくコストもかかってしまいます。
もし少数のページで製本を行いたい時には中綴じ印刷が良いといえるでしょう。
この中綴じ印刷というものは少数ページからでも行うことが出来る製本方法であり、簡単にいえば一番真ん中のページで本を綴る製本方法です。
この製本方法は実際に印刷を行う際でもコストを低く抑えることが可能で、簡単な文集や資料を作成する際にも便利です。

この製本方法は様々な用紙を使用することができます。
例えばつるつるしたコート紙や光に反射しないマット紙、この二種類の紙でももっと細かく紙の厚さや素材感が異なってくるのですが、この様に紙の暑さや素材感が違ったとしても製本することができます。
そのために、少し表紙や中身の紙にこだわりたいというニーズにもお答えすることが可能なのです。
このような中綴じ印刷を利用する場合には文集や資料作成だけでなく、取扱説明書や作品集といった長く使用するものも存在します。
そのために長く使用していきたい場合にはこのような紙質にもこだわると更に良いものが出来上がるでしょう。

中綴じ印刷は様々な印刷を行うことができます。
全部カラーで印刷することも可能ですし、一色刷りや二色刷りといった擦り方も可能です。
他にも冊子の数ページをカラーで印刷し、他のページは一色刷りでということも行うことができます。
これらの印刷方法に関しては印刷所によって価格もオプションも変わってくるために、自分の予算にあった印刷方法と印刷所を探すようにしましょう。
もし気になる印刷所を見つけた場合には見積を取る様にして、他の印刷所と比較してから決めるようにしましょう。

オフセット印刷

中綴じ印刷の中には通常の印刷方法とは異なる印刷方法が存在します。それがオフセット印刷と呼ばれる印刷方法です。この印刷は通常の印刷よりも小部数で印刷した時のコストを低く抑えることができます。

リーズナブル

中綴じ印刷は一番冊子の中で真ん中に当たる場所にホッチキスで製本を行う製本方法です。そのために他の印刷、製本方法と比べ、コストを低く抑えることができ、とてもリーズナブルです。

活用されている

中とじ印刷はカタログやパンフレットといった冊子のページ数が少ないものを印刷する際に向いているといわれています。他にもフリーペーパーや会社案内、会報誌などでもこの印刷方法は活躍しています。

オプションを使う

中綴じ印刷の中には針金綴じなしでも注文が出来る印刷所もあります。この場合、見た目の仕上がりもとても綺麗に出来上がります。通常の無線綴じに比べて少しオプション分高くなってしまうこともあります。

出来栄えが変わる

中綴じ印刷は表紙と中身の用紙を違うものにすることができます。表紙と中の用紙を違うものを使用することで更にその出来栄えがよく見えることもあります。この様に用紙を選ぶことは重要です。

カラーの仕上がり

中綴じ印刷は様々な印刷方法を行うことができます。オフセットとオンデマンドの違いもありますが、カラーだけでなく、一色刷りや二色刷りを行う事もできます。自分の表現にあった印刷方法を選びましょう。

中綴じ印刷を選ぶメリットと利用する方法について